受験生時代の思い出

最近思い出す過去のことと言えば、受験生の頃ですよね。

この時代は、人生でも一番勉強をした時期かもしれませんね。

私も入りたかった大学があったので、勉強だけは人一倍していました。

それから、最近私はある資格が欲しくて、勉強をしているところです。



そのため、毎日勉強をしていると、受験生時代の事を思い出してしまいます。

受験生時代はなんといっても、孤独に勉強をしていた覚えがあります。

もちろん、友達などと勉強を教えあうこともありましたが、家に変えればもちろん一人です。



そして、友達の邪魔などをしたくないので、家に帰ってからは友達に電話で勉強を聞いたりすることは、

あまり出来ませんでしたよね。

そんなわけで、受験生時代はとにかくコツコツと、問題を解いてパターンを覚えていました。

その甲斐があって、私は人並みくらいにはテストの点数なども取れていました。



それから、受験勉強で他にきつかったのは、中々偏差値が上がらなかったときです。

幾ら努力をしても、限界が見えてくるので、その限界を超えることが出来ないと悔しかったです。

そこで、人生は初の妥協を覚えたような気がします。

そんな感じで、受験生時代はいろいろと辛かったですが、入りたかった大学に入れたのでよかったと思っています。

前の記事